So-net無料ブログ作成
検索選択
犬の十戒 ブログトップ

「犬の十戒」 [犬の十戒]

作者不詳といわれている「犬の十戒」という詩を私は知りませんでした。

今日、初めて知りました。

大きな感動、感銘と自分の無知、鈍感、そして自分への戒めを強く感じさせていただきました。

「犬の十戒」

1.
ぼくはね、たぶん10年か15年くらいしか生きられません。
だからあなたにとっては少しの時間でも、離ればなれになると、とっても長く感じられてつらいんだ。
ぼくと暮らす前にこのこと知っておいてね。

2.
あなたがぼくに何を求めているか、ぼくが理解するまで待ってほしい。

3.
ぼくを信じてね。あなたが信頼してくれることがぼくの一番の幸せです。

4.
ぼくのこと怒ってばっかりだったり、罰として閉じ込めたり必要以上に怒鳴ったり、叩いたりしないでね。
あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。
でもぼくにはあなたしかいないから。

5.
ぼくにもっと話しかけてね。
言葉はわかんないけど、あなたの声でならぼくはちゃんとわかるんだ。

6.
あなたがどんなふうにぼくに接してくれたか、ぼくは決して忘れない。

7.
ぼくを殴ったり、いじめたりする前に思い出してね。
ぼくには人間の手の骨なんて簡単に噛み砕ける鋭い歯があるんだけど決してあなたには噛みつかないと決めているんだってことを。

8.
ぼくが言うことを聞かないだとか、怠けているからといって叱る前に、そんな振る舞いをしてしまった原因、または、ぼくが何かで苦しんでいないか考えてほしい。
もしかしたら、食事に問題があるのかもしれないし、長い間日が照り付ける場所に置き去りにされていたのかもしれない。
それか老犬になってきて、弱ってきているのかもしれないと。

9.
ぼくが年老いても、お世話をしてね。
あなたが年老いて人から面倒がられたら悲しくなるでしょ。
ぼくもなんだよ。

10.
最期のその時まで一緒にいてね。「見ていられない」とか「居た堪れない」とか「立ち会いたくない」とかそんなことは言わないでね。
あなたがそばにいてくれるなら、ぼくはどんなことでも幸せだって感じられるんだ。
痛い病気やたいへんな治療も我慢できるよ。どんなことでも平気になれる。
最期のお別れだって、安らかに受け入れられる。
忘れないでください。ぼくはあなたを愛しています。


はい、忘れません。「犬の十戒」強く強く肝に銘じます。


タグ: ペット
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
犬の十戒 ブログトップ
スポンサードリンク