So-net無料ブログ作成
動物さん探究 ブログトップ

イグアナたちのタテノリ [動物さん探究]

先日、イグアナを見ていました。

そしたらロックのライブでノリノリにノッているかのような
激しいタテノリを披露してくれました。

もしかしたらイグアナさんは、頭の中でハードなロックを口ずさんでいたのかもしれません。

イグアナさん、素敵なタテノリをありがとうございました。

ロックのライブでノリノリかのような激しいタテノリを披露するイグアナ(26秒)

nice!(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イモリとヤモリ [動物さん探究]

私は小さかった頃、ヤモリという生き物を知りませんでした。

イモリは知っていました。

少し大きくなってヤモリという言葉だけ聞きかじりました。

その時私は、今までイモリとか言っちゃってたけどほんとはヤモリっていうのかな? と思いました。

でも待てよと、

あの生き物をイモリと言って「違うよー!ヤモリだよー!」なんて言われたことなど無いなと。

それで勝手に

イモリってヤモリともいうんだな」と思いました。

まるで日本のことを「にほん」でも「にっぽん」でもどちらの言い方でもいいように。

私は「にっぽん」という言い方の方がカッコイイなと子供心に思っていました。

で「イモリヤモリだったらヤモリって言った方がカッコイイな」と思いました。

それからというもの私はイモリを見てはヤモリだと言っていたと思います。

しかしイモリを見る機会というのはそれほど無かったのかもしれません。

「おまえそれはヤモリじゃなくてイモリだぞー」なんて、だれにも言われることなく私は成長していきました。

高校生になって、なにかでイモリの話になった時に、みんなが「イモリが」とか「イモリって」とか言っている中、

私だけヤモリってさあ」と、ヤモリヤモリ言っていました。

その時も話は滞りなく進んでいったと思います。

みんなも曖昧だったのかもしれません。

ただ中に一人だけ「おいおいヤモリじゃなくてイモリの話してんだょ」とやんわり言ってくれた友達がいたのですが、

私は(あれ、こいつヤモリって言い方知らないのかなあ?)と思ったぐらいで気にしませんでした。

イモリとは別にヤモリという生き物がいて「イモリ」「ヤモリ」って違うんだ、と知ったのは、19歳ぐらいの時だったと思います。

それから時は流れて

先日、動物園で息子と一緒にイモリを見ました。

もちろん息子には「これはイモリだよ」と言いました。

そしてさらに

「余計なことかもしれないけど、ヤモリっていう似た名前の別の生き物もいるからね」と思わず言ってしまいました。

私自身はイモリさんに向かって(お久しぶりですヤモリさん)と心の中でつぶやきました。

イモリの忍び足 (26秒)



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「カピバラ」なんて呼び捨てにはできないなコリャ。 [動物さん探究]

テレビや図鑑などでは見たことがあったのですが、

この前初めて実際に生でカピバラを見ました。

思っていた通り、癒されるし可愛かったのですが、

驚いたのは、その人気ぶりです。

温泉に入っている姿が有名になったりして人気があるのは薄々知ってはいましたが、

他の人気動物にはない、カピバラだけが持っている「ファンを熱狂させる吸引力」みたいなものを感じることが出来ました。

ゾウ、キリン、オカピ、コアラ、レッサーパンダ、ジャイアントパンダなど錚々たる人気の顔ぶれでもあんな風に動物に対して声援が飛ぶのを見たことがありません。

親しみやすいっていうのもあるのでしょうか?

それでいてお客さんに媚びることなど一切無く、全く無視でマイペース、かっこよかったです。

「すごい人気だね~、カピバラなんて呼び捨てにしちゃいけないね~、これからはカピバラさんて呼ばなきゃね~」

なんていう声が聞こえたような気がしました。

全くその通りだと思います。

いや待てよ、こんな吸引力を見せられたからには、さん付けぐらいじゃ足らないな~

もう一歩進めて

カピバラ(にい)さんだな。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

熊の木登りの上手さにビックリ! [動物さん探究]

動物園で熊を見てきました。

メガネグマです。

メガネグマの子供熊が木に登って遊んでいました。

木登りの上手さたるや猿と見まごうばかりの上手さでした。

今いる木の幹から他の木の幹に飛び移ったりします。(下の動画にその瞬間が映っています)

こんなことできるのは猿だけだと思っていました。



私が子供の頃、

熊に遭遇してしまったら木に登ればいい!

なんて聞いたもんですが、

あの感じだと熊の方も簡単に登ってきそうです。

走っている姿も見れましたが足も相当速そうです。

熊って縫いぐるみだとカワイイんだけどな~。

本物はナメちゃいけないな~
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コアラとナマケモノどっちが寝坊助(ねぼすけ)か? [動物さん探究]

ナイトズー(night zoo)に行ってきました。

普段見ることのできない動物たちの夜の様子や 夜行性動物の本来の姿が見られるかなと期待しながら行ってきました。

キリン、ライオン、ゾウ、ダチョウ、ヤギ、シカなどは昼間とあまり様子が変わらないように見えました。

しかしコアラを見たときは昼間の様子とは、あきらかに違うなと思いました。

以前、昼間に見たときは木にたかって、ひたすら寝てるだけという印象でした。

今回、ナイトズーで見たコアラは、ユーカリの葉を 一心不乱に、むっしゃむしゃ食べていました。
(よかったら下の動画、ご覧ください)

手を使って器用に食べる様子はノロノロとしたゆっくりな動作ではなく、なかなかキビキビとした小気味よい動作でした。

さぞかしナマケモノのように、ゆっくりした動きで食べるんだろうなと思っていたので意外でした。

あっ、ナマケモノが食事をしているところを私はまだ見たことがないのでナマケモノだって、あるいはキビキビとしたしぐさで食べるのかもしれませんが。

コアラといえば、私の中では、1日の大半を寝てばっかりで過ごすというイメージです。

ナマケモノも、私の中では、そんなかんじです。

コアラナマケモノ、はたしてどっちの方が、より寝坊助(ねぼすけ)なのでしょうか。

1日の睡眠時間、

コアラ22時間

ナマケモノ20時間

だそうです。

コアラの方がいっぱい寝るのか~。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネズミカンガルーはネズミなのかカンガルーなのか? [動物さん探究]

ネズミカンガルーを見てきました。

うわっ!、こんなのいるんだ!

というのが第一印象でした。



ウチではウサギを飼っているのですが、体の大きさがちょうど同じぐらい。

カンガルーのように、後ろ足でピョンピョン跳ね回っていました。

オーストラリアの動物です。

体毛はエミュウとかウォンバットみたいな感じでオーストラリアの動物に多い体毛の感じだと思いました。

ネズミカンガルーを見ている時

「ネズミなのかな~、それともカンガルーなのかな~」

と言っている人がいました。

私はネズミカンガルーは、ネズミではなく、カンガルーだと勝手に思っています。

生物学的にどうだということではなく気持ちとしてです。

なぜかといいますと、名前的にネズミよりカンガルーの方が後だからです

北米にはカンガルーネズミというのがいますが、そのかわりこちらはカンガルーではなく、ネズミだと思うのです。

ノコギリザメは、のこぎりではなくサメだと思いますし、

ノコギリクワガタも、のこぎりではなくクワガタだと思うのです。

トラフグなんかも、やはり虎ではないでしょう。

フグなのではないでしょうか。

エリマキトカゲなんかも、えりまきではないと思います。

ありゃトカゲなんじゃないかな~って思います。

なので、ネズミカンガルーはカンガルーだと思うな~。

生物学的にどうかは、わからないけど気持ちとして。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ご挨拶 & バクを見てきました。 [動物さん探究]

 はじめまして。
 当ブログへお越し下さりありがとうございます。

先日マレーバクを動物園で見てきました。

想像していたよりも大きくて重量感がありました。

体の色が黒と白ではっきりと分かれていて 

「あれ 何だ?」とウチの子供に聞いたら

「パンダ?」と言っていました。



確かに色はパンダみたいでした。 

ただパンダほど体毛が長くなく、体の表面の感じはブタのような感じに見えました。

私が見たときはムシャムシャと草を食べていました。 

食べている姿は、なかなかの重量感のせいかトリケラトプスのように見えました。

生息場所は東南アジアの森の中なのだそうです。

パンダもそうですが、

あんな色をしていたら森の中では目立ってしょうがないと思うのですが、
この黒と白のツートンが絶妙の保護色になっているのかな?

動物園で見たときは、草のなかでけっこう目立っているように見えましたが、
ジャングルの中では、まったく見え方が違うのかもしれないので

この体色のカモフラージュパワーはハンパじゃないのかもしれません。 

いや~しかし草食動物が草を食べている姿というのはいいもんです。  

よく草食動物が草を食べることを「草をはむ」といいますが、
漢字では「草を食む」と書くそうです。

マレーバクが草を食んでいる姿の周りには、
平和な空気がボわ~ンとできていて、
心にマイナスイオンを浴びたような気分にさせてもらえました。

マレーバクさんありがとう。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
動物さん探究 ブログトップ
スポンサードリンク