So-net無料ブログ作成
動物の赤ちゃん ブログトップ

マウンテンじゃないゴリラっているのかな? [動物の赤ちゃん]

子供の頃、ゴリラってゴリラ1種類だけだと思っていたのですが、いつだったか、本だかテレビだかでマウンテンゴリラという言葉を知りました。

その時思ったのはマウンテンゴリラとわざわざ言うってことは、マウンテンじゃないゴリラもいるのかな?と思いました。

思っただけで特に調べることもなく、また「ねえ、マウンテンじゃないゴリラっているの?」と人に聞くこともなく、

マウンテンゴリラと、ただのゴリラがいるんじゃないかなみたいな感じで大人になりました。

この前、東京の上野動物園に行ってきたのですが、ゴリラがいました。

ゴリラの展示エリアには「ニシローランドゴリラ」とカタカナで書いてありました。

ん?ニシローランド

そう言やマウンテンゴリラってなんだ?って思ったことあったな~、子供の頃。

ニシローランドってわざわざ書くってことは・・・

ニシローランドってなんだ?、は!ローランド低地か?!
マウンテンに対してローランドか?

二シって?まさか西か?、じゃヒガシもいるのか?、まさか 

わからないままゴリラさんを楽しく拝見させていただきました。

帰って調べてみると、

ナント、高地に棲むマウンテンゴリラ低地に棲むローランドゴリラがいて、

ローランドゴリラ西部の低地に棲むニシローランドゴリラ東部の低地に棲むヒガシローランドゴリラがいるんだそうです。

ちなみにもう1種類クロスリバーゴリラというのもいるそうです。

二シって西でした。

ひとまとめにゴリラというけれどゴリラは4種類いてマウンテンゴリラニシローランドゴリラヒガシローランドゴリラクロスリバーゴリラの4つだよと。
で、マウンテンじゃないのはニシローランド、ヒガシローランド、クロスリバーの3種類だよと、やっと知りました。

なんにしてもニシローランドゴリラ赤ちゃん可愛かったです。

ニシローランドゴリラの赤ちゃん (1分11秒)


赤ちゃんオランウータンのスカイウォーク vol.4 「まだ赤ちゃんだもん、そりゃ疲れちゃうよね」 [動物の赤ちゃん]

昨日の続きです。

華麗なスカイウォークを見せてくれた赤ちゃんオランウータンでしたが、動きが止まってしまいました。

疲れてしまったようです。

まだ赤ちゃんですからね、本当によく頑張りました。

お母さんオランウータンもわかっていて待っています、そろそろ抱っこかなと。

赤ちゃんオランウータンがいつもの位置にしがみついたところでお母さんは出発です。

最後は抱っこでスカイウォークを終えてオランウータン用の林に降りていきました。

オランウータンさん素敵なスカイウォークありがとうございました


赤ちゃんオランウータンのスカイウォーク vol.3「わー!すごいすごい!できたできた!」 [動物の赤ちゃん]

昨日の続きです。

3本目の鉄塔と4本目の鉄塔の間で赤ちゃんオランウータン魂を見せてくれました。

お母さんからヒョイと離れるとまだ短い小さな手でヨイショヨイショとロープを渡っていくではありませんか。

「わー!すごいすごい、できたできた!」思わず声をあげてしまいました。

素晴らしいスカイウォーク見させていただきました。

これ生後3か月ですからね。

オランウータンて成長が早いな~


赤ちゃんオランウータンのスカイウォーク vol.2 「うわッ、今度はおんぶか!」 [動物の赤ちゃん]

昨日の続きです。

1本目の鉄塔から2本目の鉄塔まで、お母さんオランウータン赤ちゃんオランウータンを抱っこしながらスカイウォークして移動してきました。

2本目の鉄塔から3本目の鉄塔までは、赤ちゃんオランウータンはお母さんオランウータンのおんぶのサポートを受けながら、少しずつスカイウォークを練習しているみたいに見えました。

野生でもきっとこうやって少しずつ練習させて、高い木の森を自在に移動できるように訓練してるんだろうな~。

子供の技量を計りながらできる範囲でやらせてみるなんて、やっぱり人間と近い動物なんだなと思います。

あの赤ちゃんまだ生後3か月なのにちょびっとスカイウォークしてたもんな~。

エラいな~。


赤ちゃんオランウータンのスカイウォーク vol.1 「まずはお母さんオランウータンに抱っこされてのスカイウォーク」 [動物の赤ちゃん]

昨日の続きです。

お母さんオランウータン赤ちゃんオランウータンは無事に鉄塔の上まで登りました。

いよいよスカイウォークのスタートです。

始まりました。長い腕で大きくスイングしながら器用にロープを渡っていきます。

でもお母さんしかいないなあ。

赤ちゃんどこ行っちゃったのかなと思ったら、よく見ると抱っこされてるではありませんか

お母さんオランウータンは赤ちゃんオランウータンを胸のあたりにしがみつかせてスカイウォークをしているのです。

そうか。まだ子供が小さいうちはこうやって木の上を移動してるのか

なるほどな~


赤ちゃんオランウータン鉄塔に登る! [動物の赤ちゃん]

東京都の日野市に多摩動物公園という大きな動物園があります。

ここではオランウータンのスカイウォークを見ることが出来ます。

オランウータンは野生では高さ20メートルとか40メートルといった高い木の上で生活しています。

メスや子供はほとんど木の上にいてメスは一生のうちほとんど降りてこないといいます。

地表は危険が一杯だからですかね、たしかに高い木の上の方が安全そうです。

で、この高い木の上で生活するオランウータンの特徴的な生態を活かして、高い場所に渡したロープを渡る為の施設をスカイウォークといいます。

また、この高いロープをオランウータンが渡るという行動自体をスカイウォークと言ったりもします。

先日、このスカイウォークを見てきました。

オランウータンのスカイウォークというだけでも凄いのに、この日はなんと赤ちゃんオランウータンも一緒にやるというではありませんか!

生後3か月ぐらいだそうです

まずは高い所に渡してあるロープまで行くのに鉄塔を登らなくてはなりません。

お母さんオランウータンと一緒に赤ちゃんオランウータンも鉄塔登りからスタートです。

赤ちゃんなのにスイスイ登っていく姿にビックリしました。

生後3か月だっていうのにエライな~。




バクの赤ちゃんを見てきました。 [動物の赤ちゃん]

バクの赤ちゃんを見てきました。

親の体の模様と全然違うので驚きました。

バクの種類はマレーバクで、大人のマレーバクの体色は、

パンダのように白と黒のツートンカラーです。

ところが赤ちゃんは茶色い体に白っぽいラインが何本も入った縞模様です。

まるでイノシシの子供のうり坊のようです。



以前、大人のマレーバクを初めて見たときは、体の感じがブタに似ているなと思ったのですが、

子供のマレーバクはイノシシの子供にそっくりだなと思いました。

イノシシの子供をなぜうり坊というかというと、楕円形の体に 

縞模様が付いていて、まるで瓜のようだというところから

うり坊(瓜坊)と呼ばれているのだそうです。地方によっては

ウリンボウと呼ばれているそうです。

 マレーバクって体はブタみたいで、顔と足はゾウみたい、

耳はウマみたいで、色はパンダみたい、という感じですが

タイなどでは、「P'SOM-SETT」と呼ばれているそうで、

タイ語で「混ぜ物」という意味だそうです。

東南アジアに、古い言い伝えがあって、

昔、神様が地上に生き物を作る作業をしておられて、

おおかた作業が終わった時に、ふと手元を見ると

動物達を作るのに用いた頭、手、足、胴などのパーツが少し残っていたと。

で、神様は、パーツを残しておくのは、もったいないし、かわいそうだし、

どうにかして命を宿してあげようということで、

なんとかパーツを組み合わせて苦心の末、

ようやく一頭の動物をこしらえた。

それがバクである。

という話があるそうです。

余ったパーツで作られたのでこういう姿をしているとのことです。

この話を聞いてバクがどう思うかはわかりませんが、

バクの姿はステキだと思っています。

バクの赤ちゃん可愛かったな~、うり坊と瓜二つって感じだったな~。

大人のマレーバク



           
動物の赤ちゃん ブログトップ
スポンサードリンク